03年11月

11/1(土)パーティーVv

 とあるパーティーにお邪魔。とってもおめでたい席だったのですが、その席には通 常ならNGなのでは?な人物が登場。…鳥肌実(笑)。一度見てみたいと思ってたんですが、個人演説会に行く勇気はなく。いや〜面 白いものを見させてもらいました。危なくて(いろんな意味で)一つも文章にはできません。興味のある人はこちらを。
http://www.torihada.com/
 …て、サイト紹介しときながら、はっきり言って怖いです…(泣)。これ見て行こうという人は少ないだろうな。行った人に感想を聞くのが一番です!


11/2(日)うたいびと はね@日本大学商学部・きぬ た祭


 今日は珍しくちょっと早めに到着。出演時間も知ってたんだけど、前に担当していたメーカーのbkozが出るというので、せっかくだから見たいなと。
 で、大学に到着して受付で説明すると、ホールではなく楽屋にいきなり通 されました(笑)。でもこの日はそういうものらしく、ぞくぞく楽屋に通 されてたけど。そしてマネージャー氏に、「今日一番会場から近い人です」と紹介?されました(笑)。
 楽屋で談笑していたら、bkoz が始まったので途中から鑑賞。そしていよいよはねちゃん。哲ちゃんはますます歌が上手くなってて、声もすっごく通 ってるしキレイ。おおよそタバコ吸ってる人間とは思えません(笑)。信ちゃんは…今日は毒少なめ? 男の子からの声援が多かったですね。
 終演後はスタッフパスを返しに楽屋へ行き、ご挨拶と言う名の雑談を。そして、ひとしきり話したし、長居しちゃったし、そろそろ帰ろうと思って「じゃあ帰るね〜」って言ったら、信ちゃんが「え? なんで?」とすごい勢いで質問してきてビックリ(笑)。その場に一緒にいたメーカーの人もかなりウケてました。媒体さんなのでライヴが終わったら帰らせてくださ〜い!



11/3(月)The Seeker@六本木ヴェルファーレ

 シーカーのライヴって、たぶん行ってない公演のほうが少なそう(笑)。かなりの割合でお邪魔させてもらってます。そして今日は雨が降ってます(笑)。シーカーらしい! さすがだ! そして会場に入ってみれば、先だって終わったハロウィンが開催されてました(笑)。ここまで私、笑いすぎ。でも、なんかいろいろおかしかったぁ。
 今回のライヴは、今までとちょっと違って、D.Kさんがワイルドでカッコイイ感じ。毒々しさとか、独特さとかは(ちょっと掛けてみました)相変わらずなんだけど、力強いな〜と。骨太な感じ。曲のせいもあるんでしょうが、新鮮でした。
 軽いレポ&情報も掲載中なので見てみてくださいな。


11/6 ネチケットって一般的な言葉じゃないの?


 今日はレポートじゃないです。
 ここ数日、発言に対する責任の重さを感じさせられました。
 厳密に言えば、インターネットの世界では、匿名と言えど発信源をたどるのは案外簡単なもので、匿名性の上にあぐらをかいて、匿名だということに甘んじて、思うがままに行動した人には、出るところに出て、それなりの責任をとってもらうことはいくらでもできます。  匿名だからこその本音が聞けるということも分かります。でも、責任感が欠如した人が多いのも、また事実です。
 便利なのもいいけれど、普段はちょっとくらい不便でもいいかな?と思っているのは私だけでしょうか。そのほうが幸せとか発見とか達成感とか、何倍にもなるのにね〜。


11/7(金)拝郷メイコ@渋谷クラブクアトロ


 結構ワタワタしていてレポート書くには準備不足だったんですが、でも会場に入っちゃえば関係なかった。書きどころが満載で、もりもり書けそう(実際は全然スペースが足らなくて、ほっとんど書けませんでした)。
 一番印象に残ってるのは、なんと言ってもすっごく嬉しそうな顔! テンションも高かったし、ホント嬉しかったんだね。終演後にちょっとお話したんですが。終わってしまったのが切ないらしく。その気持ち、よくわかります。でも、私は、自分の編集作業が終わるのを切なく思ったことはないですけどね(笑)。今月も早く終われっ!
 あ、行きがけにケン・イシイ氏を見かけました。見かけただけ。


11/10(月)Do As Infinity大渡 亮 取材

 久々の大渡さんです。伴ちゃんには1年近く会ってないかも(ライヴは除く)。いつもたくさん喋ってくれるので、ありがたいです。でも、こういうときは載せきれないのが残念で。いつも、喋った分スペースがある、とかだといいんですけどね。そうもいかない。
 で、今回のポイントはハードロック! しかもかなり王道! 私も通 ってるけど、鍵盤な人なので、達成感とかがイマイチわからない。ギターはモチベーションが上がらなくて。何度か教えてもらったけど、しっくりこない。収まりが悪い。何でかな〜?と思ったら、左利きだから、だったみたいです(笑)。左利き用を持っていたら違ってたかも。
 話は逸れましたが、この日、大渡さんはレコーディング中に買ったというテレキャス(60年製)片手に、ウキウキな感じでした。金額が金額なので、もう後には引けないそうです(笑)。


11/12(水)The Miceteeth取材&GOING UNDER GROUNDイベント@下北沢251

 待ちあわせ時間に場所を知っている人が来ないというアクシデントに見舞われつつも、海のほうへ向かって(猫)まっしぐら。ニャー。このあたりはいろんなスタジオがあるんです、レコーディングとかリハーサルとか撮影とかとか。でも一見してはわかりませんので、あしからず(笑)。
 The Miceteethは、ギターの森寺さんと吉田さんが取材に応じてくれました。今回のライターN君は実質初インタビューだったのですが、いろいろ試行錯誤しながら答えてくださって。柔らかな物腰で好印象! ま、途中からかな〜り口出ししちゃったんですけどね。ちなみに私の初めてのインタビューは、もう7年以上も前の話。最初はThe Turtlesだった気が…。それか、AOR(今野多久郎、斉藤ノブ、重実徹によるユニット/敬称略・五十音順)かな。ちなみに初めてのライヴレポはT.M.Revolution。振幅あるな〜(笑)。
 そして夜はGOING UNDER GROUNDのイベントに行って、GOING UNDER GROUNDをまったく見ずに会社へ戻りました。そもそも取材でお世話になったギターのミッキー(ヒラマ ミキ緒)さんが、STUKAというユニットのサポートをするってんで行ってきたわけなんですが、締め切り真っ最中だったため、そのSTUKAと次のメレンゲの1曲だけ見て出てきちゃいました。残念! GOING UNDER GROUND、1曲でいいから見たかった! メレンゲももっと聴いてたかった!
 そして退社は0:00を回りましたとさ。


11/18(火)『最後の恋、初めての恋』試写会 東劇内試写 室

 マスコミ対象最終試写会だそうで。以前担当していたメーカーの元担当さんからご招待いただいたので、お邪魔してきました。いろいろ現状なんかをお聞きしたんですが、今後もお世話になれそうです。よろしくお願いします。
 これが掲載の頃にはすでに公開されてると思いますが、見に行った方いますか? いかがでしたか? 私は基本的に洋画派なんですが、奇しくも今年の下半期は、「踊る大捜査線 THE MOVIE2」「陰陽師II」「木更津キャッツアイ 日本シリーズ」「1980」と非常に邦画(しかもミーハーでB級?)が続いている最中なんですが、これは日中合同と言うのかな? 邦画みたいな洋画みたいな。淡々としてて、光のすごく綺麗な作品でした。ストーリーはありきたりと言えばそれまでなんだけど、最近私荒んでるな〜っていうは見るといいかも。心が洗われるかもしれない。でも、宇宙船飛ばないし、血出ないし、速くないし。こんな映画を見たのは久々でした(笑)。
 あ、大事なことを忘れてました! テーマソングは小田和正さんの「最後の恋,初めての恋」(発売日未定)です。これがあるから招待していただけたのでした(笑)。小田さんの曲はどれも大好きなのですが、今回の曲もすごくステキです。ぜひ劇場で、物語の余韻に浸りながら聞いてください。


11/23(日)表紙撮影

 大惨事に合いまして(別にケガしたとかじゃなく)、とんでもないバタバタのさなかだったのだけど、TEENS' MUSIC FESTIVAL出場の中学生、ピースとBALANCEに救われました。無邪気に喜んだり照れたりする姿には、なんだか清々しい。それにしてもいい天気(能天気)。


11/24(月)TEENS' MUSIC FESTIVAL 2003全国大会 渋谷公会堂

 今年で…中1年抜けてるから、4回目かな? 結構行ってますね。学生の頃、それこそ自分も10代だったとき、1回お客さんで行ったこともありました。当時は、楽しんではいたものの、あまりすごいとか思わなかったけど、このお仕事に就いてからのほうがレベルの高さをひしひしと感じています。そこいらのポッと出ミュージシャンより全然うまいもん、ちゃんとしてるし。
 今年はなぜかメタルが2組もあって面白かった。でもAnchangの影響か、ヴォーカルがソロやるもんだと思ってる!? 楽しんでるな〜いいな〜(笑)。


11/26(水)Sound Schedule 渋谷O-West

 かっこよかったのね〜。楽しかったのね〜。MCは支離滅裂だったところもあったけど、それはどうやら感動しすぎのためらしい(笑)。特に「ペンネの女」はすっごいライヴしてた!
 2階で見ていたから足下が丸見えだったんですが、ギターの大石くんのエフェクターはすんごい数で、足下がちっちゃい要塞みたいになってました。ベースの沖くんも、ギタリストの通 常くらいはありましたね。よく間違えないで踏めるなと思って見てました。
 終演後はご挨拶もしっかりさせてもらって。次、名指しで煽ったら、ちゃんと煽られるから(笑)。楽しみにしてます。


11/28(金)THE STAND UP取材&ウエンツ瑛士(WaT)取材&キンモクセイ@渋谷公会堂

 熊谷行って、世田谷行って(しかも自宅から歩いて行けるところ。できればこっちを先にしてほしかった…)、渋谷行って…、移動が激しくて、その時間が一番長かった1日でした。こんなに右往左往したの、久しぶりかも。ウエンツくんは、すっごくキュートな男の子でした。すごく礼儀正しいし、人の目を見てちゃんと話すし。若いのにしっかりしてるな〜なんて、ちょっとオバチャン入ってました(笑)。『ライオン先生』の収録の合間に取材させてもらったんですが、忙しいはずなのに元気! やっぱ若いっていいわ〜とさらにオバチャンモード。
 そして移動疲れのオバチャンは、その足で渋公へダッシュ! 取材現場出た時点で7時ちょっと前でしたからね。で、会場前でゼーゼーゼー…。キンモクセイのライヴは3分の1しか見られなかったけど、すっごくいいライヴでした。面 白かった。今年一番!くらい、いいライヴだったかも(後日、ライターさんにお願いしていたライヴレポートを読んで、やっぱり全部見たかった…と落胆したのでありました…)。


11/29(土)CANCION 高田馬場フェイズ

 先週から続いているトラブル処理。その合間を縫ってフェイズへ。正直まだまだ始まったばかりのアーティストだなという印象でした。でも歌唱力もあるし、演奏もしっかりしているので、これから数をこなしていくうちに変わっていくかな。ちょっとデビュー当時のはねちゃんを思い出しました(笑)。はねちゃんも今でこそ、いろいろバリエーションを持って聴かせてくれるけど、当時はストローク一辺倒で。でも、それが手だれのミュージシャンたちと出会ってどんどん変わって行ったから、そういう意味では、これから、が次第! 楽しみにしてま〜す!


※SAへのバンド出演依頼 、タイセイ(SA)含むBoo Zee LoungeクルーへのDJ出演依頼、 ブライアン・バートンルイスへのDJまたはMC出演依頼は、familiesまで。   ※本サイトへのご意見、ご感想はこちらへ